面前DV、虐待被害者の叫び

面前DV、虐待被害者の叫び


著者:須賀朋子
2020年6月20日発行
テキストA5判/(縦210×横148mm)
モノクロ/32ページ/並製本
978-4-902591-39-2 C3036 



面前DVとは子どもの前で、親が配偶者に暴力をふるうこと。

子どもに暴力が及ばずとも、親同士のDVを目撃させられている子どもは心と脳に傷がつきます。時に成人になっても消えない苦しみとなります。
現在、DV被害を受けつつも、逃げることや離婚を躊躇し、苦脳する人がいる──面前DV体験者の心の叫びから、読者の方々に多くのことを感じとって頂き、被害から離れる決断をして頂ければと思います。

こちらの商品は電子書籍でもお買い求めいただけます。

880円

注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません